shibuso.net

プログラミングとかゲームとか

普段使いでのNW-A17 とAK100 の比較

2015年01月12日 | タグ: ガジェット , NW-A17 , 音響

あけましておめでとうございます。と言っても既に1 週間以上遅れてしまっていますが…。昨年も更新をサボり気味でしたが今年はもう少し頑張ってく予定なので、よろしくお願いいたします。

さて、また1 ヶ月以上投稿が空いてしまいましたが、前回に続いてNW-A17 とAK100 の比較をしてみようかと思います。前回の投稿では使い始めて間もないタイミングであれこれ書きましたが、使い始めて1 ヶ月経ったので、前回よりもう少し詳細に書いてみます。項目は某価格サイトをお手本にしてみましたw

先に注意事項として、私の使用用途や環境について。普段の仕事中に音楽を聞くために使用しています。そのため周りの音を完全にシャットアウトしたいわけではないししていないので、音質に関しては書けません。ハイレゾ再生についての詳細レポートを期待されていた方は、申し訳ありませんが別の記事を探していただけたらと思います。

デザイン

個人的には好きですが、これに関しては好みの問題だと思います。シルバーを購入しましたが、結構好みです。AK100 はあのボリュームのつまみが飛び出ていたのがちょっと好きになれなかったんですよね、機能性は良かったのですが。

携帯性

NW-A17 の方が縦に長いのですが、重さは軽いです。両方共持ち歩くのには苦労しませんので、正直甲乙つけがたい。私はNW-A17 にはray-out のレザージャケットを使用していますが、あまり傷を恐れずに済んで良い感じです。AK100 は付属でついてた布の袋に入れていました、持ち歩いてたらたまに袋から飛び出てましたが特に大きな問題は無かったです。

バッテリー

これはNW-A17 に軍配が上がります。AK100 は仕事中に利用していた際に、3 日持たずに充電していたのに対し、NW-A17 は1 週間(5 日間)使っててもまだ少し残っていました。ちなみに主にmp3 256kbps VBR でエンコードしたファイルを多く利用しています。

音質

書けないと言っておきつつ、ちょっと気になったので。音質って項目が正しいか微妙ですが、AK100 と比べるとNW-A17 はホワイトノイズが大きいように感じました。聴き比べると目立ちます。普段使ってて気になるかどうかは人それぞれだと思いますが、何も音を出してない時に私は若干気になりました。

操作性

そもそも物理キーとタッチパネルっていう全くの別物なので好き嫌いの問題もあると思いますが、AK100 の操作した時の反応がいまいちだったので、個人的にはNW-A17 の方がサクサク動いて好きです。上で紹介したケースを付けていても操作に大きな問題はありません。

付属ソフト

両方とも使っていないので判定出来ないです。逆に使わなくても管理できるので、ドラッグ&ドロップが好きな人は安心してください。NW-A17 に関しては階層構造に少し制限がありますが、フォルダ管理出来ます。個人的にはAK100 で使っていたmicroSD カードをほとんどそのまま引越しできたので、楽でした。

一点NW-A17 で注意しないといけないこととして、PC と接続する際にマウントできるのが本体メモリかmicroSD どちらか一方しか選択できないという制限です。どちらか一方でしかファイル操作しないということなら問題にはならないですが、両方に用事がある場合は一旦ケーブルを取り外す必要があります。AK100 は一度で全部マウント出来るので便利ですね。

拡張性

microSD スロットが2 つ付いているAK100 の方が上のように思えます。動作確認したわけではないのでわかりませんが、どちらもmicroSD 128GB は動かせるっぽい?

容量以外に目を向けると、AK100 はUSB DAC として使用することが可能です。光デジタル入出力端子も持っているため、単純なポータブルプレーヤー以外での使用を考えるとAK100 の方が拡張性では勝るように思われます。

ただ、音楽再生に特化している分、ビデオ再生や写真再生の機能はAK100 にはありません。そういった機能も欲しければNW-A17 の方がおすすめです。私は単体での音楽再生機能しか使わないですけどね。ウォークマンポートは気に入らなかったので、変換コネクタを購入しました。

その他

まず、AK100 にはmp3 尻切れ問題があります。NW-A17 では一切起こらない時点で、私としては乗り換え決定でした。

音量調整についてはAK100 の方が段階が細かく、良かったです。NW-A17 はちょっと使いづらいので、ファームウェアアップデートで改善していただけたら嬉しいな…。

起動速度に関してはNW-A17 の方が有利に思えます。というのも、NW-A17 は電源が完全にオフになるまで1 日スリープモードの期間が用意されています。その間に操作すると即座に立ち上がります。完全にオフな状態から起動する時間は、AK100 の方が若干早い? ここはファイル数等の環境によって変化すると思われます。

AK100 は設定でデータベース構築をオフに出来ましたが、NW-A17 はその設定が見当たりませんでした。完全にオフの状態から復帰した時や、PC との接続を解除した際に再構築しますが、十数秒で完了していると思うので、そこまで待たされている感じにはなりません。

これは比較ではないですが、NW-A17 はこのデータベースが結構賢いですね。ファイルの並び順が単純な音読みだけではなくて、場合によっては訓読みも取り入れているように見えます。フォルダ管理+タグ管理でやってきていたので、結構きっちり構築してくれました。しかもデータベースだと本体メモリとmicroSD の垣根が無いので全体を見渡せます、嬉しい誤算。

まとめ

個人的にはNW-A17 に乗り換えて正解だったなと思えた1 ヶ月でした。値段も当時のAK100 よりも安く、良い買い物でした。ただし音質を完全に無視した比較ですので、その点を重視されている方は店頭等で試聴してから判断した方が無難です。私もさすがに試聴しましたし。