shibuso.net

プログラミングとかゲームとか

Surface Bookでの軽微な音楽再生環境

2016年06月30日 | タグ: 音響

最近アンチャーテッド4のオンラインばかりやってるshibusoです。時間が無限に吸われてて怖いw ぎりぎり6月中にこれを書き上げられた(汗

Surface Bookで仕事も家でのダラダラ使いもしているのですが、私は大概音楽を聞きながら作業しています。家には安いけどプリメインアンプとスピーカーを設置してて、以前はデスクトップにサウンドボードを乗っけて聞いてたんですけど、Surface Bookはそもそもディスク容量的に厳しいしどうしたもんかな、という状況でした。

こんな前提条件の元、今回はあれこれ買って構築した環境を紹介します。注意事項として、これは高音質を求めて構築したものではありませんので誤解しないでください、そんなにお金ありません。しかしこれ書いた後に読み返してみるとなんかアフィブログっぽい内容になった事に気づいてしまったけれど、気にしない方向で…(汗

 

まずディスクの容量ですが、手っ取り早く増量出来て持ち運びもしたいということを考えた時に真っ先に思い浮かぶのはSDカードスロットですよね。ただSurface Bookで結構残念なのが、SDカードを挿すと本体からはみ出た状態になるということです、格好悪いorz まぁ格好悪いだけならともかく、何かに引っかかったりして折れたら大変です。

というわけでmicroSDアダプタとmicroSDXC 200GBを購入しました。このタッグで一気に200GB増量可能です。手持ちのmp3の総量が100GB程なので余裕ですね!

続いてプリメインアンプと繋げる手段を考えたのですが、まぁUSBから出すしかないですよね。私が使用しているのはKENWOODのR-K1000というフルデジタルアンプなので、わざわざDACでアナログに戻すよりはデジタルのまま流した方がお得なのです。ということで安くて且つ光デジタル出力付きの以下のDACを使っています。

 

これにて家での再生環境は完成しました!スピーカーから音楽が聞けます万歳!…でも欲を言えば職場で仕事しつつもこいつで音楽を聞きたいです。ウォークマンNW-A17も持っていますが、それはそれ、これはこれというやつで(・ω・)ゞポリポリ

という勢いで、職場にはPC100USBを置いて聞き始めましたw 基本的には問題なく使えているのですが、安物のUSBハブに繋げたところノイズが乗りまくったので、現在本体と直接繋げて使っています。USBでもノイズって乗るんですね…いやでも電源もUSBから取ってきてるから仕方ないのか。

PC100USB HR2にしなかったのは手元にハイレゾ音源が皆無だったためです。mp3の圧縮音源を安いイヤホンで聞くのにわざわざハイレゾ対応製品を買う必要性は無い、むしろもっと色々買いたくなってしまって危ないのです(苦笑)

 

こんな感じで家と職場の音楽再生環境の構築は完了です。次にこだわるとしたら…やっぱりイヤホンですかねw ヘッドホンの方が好きなのですが髪の毛が潰れるのと、作業中PCメガネをかけてるので併用しづらいのが難点です(´・ω・`)