shibuso.net

プログラミングとかゲームとか

Windows 10 Anniversary Updateとfoobar2000

2016年08月09日 | タグ: 雑記

先日リリースされたWindows 10 Anniversary UpdateがうちのSurface Bookに入りました。アップデートにそれなりに時間がかかりましたが、特に問題なく完了。仕事にも使ってるので、クラッシュなんてしちゃったら結構面倒なことになってただけに一安心です。

パッと見た感じあまり変更は無いようですが、スタートメニューの表示が微妙に変わってるんですねこれ。設定で元に戻るんでしょうかね、普段あまり使ってないから特に不便ではないですが。それと個人的には「設定」より「コントロールパネル」の方をいまだに多用してます。

それで表題の件ですが、基本問題ないと思ってたのですがfoobar2000の再生で若干問題が発生しました。今まで問題なく再生できてたのに、更新してから再生中にたまにちょっと途切れるんですよね。途切れるというか、止まるというか。ブチッって止まって、その後すぐにまた同じ所から再生が進むという。

最初は再生環境(USB-DAC)やドライバの問題かと思ったのですが、それなら止まるんじゃなくて音飛びするような気もするし、試しにブラウザでYouTubeを見てても特に問題なく再生できてたので、これはfoobar2000の問題なんだろうな、と。

そこで確か設定でバッファをいじる項目があったはずと思い出して調べてみたところ、Playback > Output にBuffer lengthの設定が。多分デフォルトのままと思われる1000ms設定になってたので試しに倍の2000msにしてみたところ、今のところ問題は解消しました。

それにしても何が原因だったんでしょうかね、リソースの割り振り方が変わったりしたんでしょうか?OSレベルの知識を持ってないので詳しいことはわかりません(苦笑)